スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●贈与税 暦年課税について
個人から財産をもらうと贈与税がかかります。
 贈与税の課税方法には、「暦年課税」と「相続時精算課税」の2つがあり、一定の要件に該当する場合に「相続時精算課税」を選択することができます。

 暦年課税について、贈与税は1月1日から12月31日までの1年間にもらった財産の合計額から、基礎控除額の110万円を差し引いた残りの額に対してかかります。
 また、110万円を超える財産をもらったときであっても、夫婦間で居住用の不動産又は居住用の不動産を取得するための金銭の贈与を受けて配偶者控除を受ける場合には贈与税がかからないことがあります。

例として、親が子に毎年、基礎控除額以下の金額を贈与税がかからないように、10年間にわたって100万円ずつ贈与した場合はどうなるのでしょうか?
 これは、毎年少しずつ財産を減らすことができ、相続税の節約になりますが注意が必要です。同一人に同額を毎年連年贈与していると、税務署に有期定期金に関する権利(10年間にわたり毎年100万円ずつの給付を受ける権利)の贈与を受けたものとみなされる可能性があります。とすると、最初に贈与をした年度に1,000万円の贈与がなされたと判断され、贈与税が一度にかかってきてしまいます。
 対策として、毎年の贈与する日にちや金額を変えたり、その都度贈与契約を結ぶ、また一度は敢えて贈与税がかかる金額を贈与して贈与税の申告をするのもいいかもしれません。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 東京都豊島区池袋の浅田剛男税理士事務所・会計事務所. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。