スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
健康保険の給付金 ~疾病手当金~
 従業員が、病気やケガで会社を休んだ場合、社会保険事務所に所定申請手続をすることにより疾病手当金が支給されます。

 支給要件は、下記の4つを満たさなければなりません。
①業務外の病気やケガで療養中である。
②病状から仕事に就けない状態である。
③連続した3日間の休職はおき、4日以上休職している。
④給与の支払いがない。(支払いがあっても疾病手当金より少ない場合、差額が支給される。)

 支給額は、標準報酬日額※の2/3に相当する額です。一部、支払いがあった場合、疾病手当金との差額が支給されます。
 ※標準報酬日額…標準報酬月額を30で除した額(5円以上の端数は切り上げ)

 支給期間は、連続した3日間をおき、4日以上休職した場合に、4日目を支給開始日として最長1年6ヶ月間支給されます。なお、労務不能となった翌日から、2年を経過すると時効により疾病手当金は請求できなくなりますのでご注意下さい。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 東京都豊島区池袋の浅田剛男税理士事務所・会計事務所. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。