スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住宅ローンの借り換えと住宅借入金等特別控除
 住宅の取得にあたり当初借り入れた住宅ローンを、金利の低い他の金融機関等の住宅ローンに借り換えたりすることがあります。確定申告や、年末調整で住宅借入金等特別控除の適用を受けている場合、どうなるのでしょうか?
 住宅借入金等特別控除の対象となる住宅ローンは、住宅の新築や購入又は増改築などのために直接必要な借入金又は債務でなければなりません。このため、原則として借換えによる新しい住宅ローンは、住宅借入金等特別控除の対象とはなりません。
 しかし、次の要件いずれにもあてはまる場合には、住宅借入金等特別控除の対象となる住宅ローンとして取り扱われます。

 ・新しい住宅ローンが当初の住宅ローンの返済のためのものであることが明らかである。
 ・新しい住宅ローンが10年以上の償還期間であることなど住宅借入金等特別控除の対象となる要件に該当する。
  (知人からの借入金を金融機関等の住宅ローンに借り換えた場合や、償還期間が10年未満であった借入金を償還期間が10年以上となる借入金に借り換えた場合にも適用されます。)

※住宅借入金等特別控除を受けることができる年数は、居住の用に供した年から一定期間であり、住宅ローン等の借換えによって延長されることはありません。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 東京都豊島区池袋の浅田剛男税理士事務所・会計事務所. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。