スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
確定申告~雑所得 公的年金等を受給される方
 公的年金等の支払を受けている方には、毎年、年明けに公的年金等の源泉徴収票が本人に届きます。
 公的年金等は原則として、収入金額からその年金に応じて定められている一定の控除額を差し引いた額に5%の税率がかけられ、税額が源泉徴収されています。源泉徴収票には、源泉徴収額が記載されています。 
 年金受給者の場合、現役の会社員と違って年末調整をしないケースがほとんどです。高齢の方であれば、医療費控除(申告者自身が負担した分)などもあることでしょうし、確定申告をすることによって、源泉徴収された税額を取り戻すこともできます。また、年金以外にも、給与所得、一時所得など
の合算すべき所得があり、計算により申告納税額が発生する場合も確定申告が必要となります。

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 東京都豊島区池袋の浅田剛男税理士事務所・会計事務所. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。