スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
株式の売却
株式の売却益A社(源泉徴収あり)の場合は、申告は不要となるが、B社(源泉徴収あり)で売却損
の場合、損益通算したほうがいいのか注意してもらいたい。A社の利益aがB社の損失bより小さい場合は、bの10%の所得税、住民税が戻ってくるが、a>bの時は、計算はbの10%の所得税、住民税が同じく戻るが、国民健康保険、本人が配偶者の相手の不要にするときに、配偶者控除等が受けられなくなったり、相手の所得税、住民税が上がったりするので、単に還付や、3年間の繰越控除をすれば、有利と考える前に一考を要しますのでくれぐれも注意をしてください。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 東京都豊島区池袋の浅田剛男税理士事務所・会計事務所. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。