スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
確定申告 医療費控除と保険金
 病気やケガで入院などをし、保険会社から医療保険の給付金や損害保険などの保険金の入金がある場合、その保険金は医療費控除の対象となる医療費から差し引かなければなりません。

☆入金があった保険金の支払った人と受け取った人が異なる場合
 保険金を支払った人が、医療費控除の対象となる医療費から控除しなければなりません。
例:妻が入院し、夫が保険料を支払っている保険会社から入院給付金があった場合。
  →夫の医療費控除の医療費から給付金の分を控除

☆医療費控除を申告する年度をまたぎ、翌年保険会社から保険金が入金されたら?
 医療費控除を行なう年度で、翌年入金された保険金額を控除します。あくまでも、入金された保険金の目的となる医療費に対して控除とします。
 また、確定申告までに入金される保険金が確定しない場合には、保険金額を見積もり、その見積額を医療費から控除します。その後において確定した保険金額が、申告した見積額と異なる場合には、修正申告又は更正の手続きを行うことになります。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

医療保険RSS
医療保険とは違うことに最近興味を惹かれるんです。でもなんか裏切っているようで、...  [続きを読む]
医療保険に注目しています。 2008/12/04/Thu 04:09
成人病:医療保険に入った。
医療保険とは、病気やケガをした場合に、入院費や手術費用を保証するためのものですが、それを選ぶぶポイントについて考えてみました。まず、医療保険にも種類があります。終身型医療保険これは文字通り、終身(死亡)まで保証を受けられる保険です。更新型医療保険80歳な...  [続きを読む]
女性と医療保険のこと 2008/12/29/Mon 07:33
Copyright © 東京都豊島区池袋の浅田剛男税理士事務所・会計事務所. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。