スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出産育児一時金の支給額と支給方法の変更
 全国健康保険協会の支給する出産育児一時金の取扱いについて、平成21年10月1日以降に出産される方から支給額と支給方法が変わります。

 1.支給額の引き上げ
   現行38万円→42万円へ引き上げ 
   
   ※産科医療補償制度に加入する医療機関等において出産した場合に限る。
     それ以外は、35万円→39万円へ引き上げ 

 2.支給方法の変更
   現行は原則として出産後に、被保険者が健康保険協会に申請後支給される。  
   →協会から直接医療機関等に一時金が支給される。

   ※出産費用が一時金の支給額の範囲内であった場合には、その差額分を協会に各自
     請求する。また、出産費用が一時金の支給額を超える場合には、その超えた額を医
     機関等に各自支払う。

   ※一時金が医療機関等経由で支給されることを望まない場合、出産後に被保険者に
     払う従来の方法を利用することも可能。


スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 東京都豊島区池袋の浅田剛男税理士事務所・会計事務所. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。