スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年金型保険(最高裁判決)による2重課税の所得税の還付について
いよいよ年金二重課税による所得税の還付が10月20日より始まります。(最高裁による年金払方式の相続税と所得税の二重課税の違法と判断)遺族年金、学資保険で遺族が受ける養育年金、旧簡易保険、共済年金(共に民間)などが対象です。事例は少ないと思いますが、年金保険を贈与で受けた場合も、贈与税が課税の対象になっており、もらう年金の所得税が、雑所得として申告していれば、当然に還付の対象になる。還付の対象は、2005年~2009年の5年だが、法改正により 2000年から2004年の10年まで還付する方針予定になっている。申告期限は、それぞれ今年の年末まで(知った日の翌日から2月以内)が期限となる。ただし、確定申告をしていなければ、その年の申告期限から5年以内となる。(実質的には、年金の雑所得分の超過累進分に相当する納付した差額の納税所得税額、源泉がある場合には、その金額を加算した金額)が還付になる。初年度)所得税の課税は、その年に受ける年金-必要経費=所得① に課税がされていましたが、
1 ①-相続税の年金の受給権=②(運用益とみなす)は、変わらず課税されること
2 上記②のその金額は、そのもらう期間に応じて階段的に課税することになる。
期間全体=②の運用益とみなされた金額(年金額が一定でも課税額は年々変わります)付随として、所得税が変われば、住民税も変わるが、特に国民健康保険に加入している場合は、それも下がるので留意する点がある。
3 その本人の所得税等だけでなく、合計所得の結果が、相手の扶養、配偶者控除等になり、その結果その相手の所得税等も変わることも想定される。    
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 東京都豊島区池袋の浅田剛男税理士事務所・会計事務所. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。