スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
資産計上される預託金について
 税法上、資産計上される預託金にはゴルフ会員権などがありますが、ごく日常的に使用されるものでも、見落としがちなものもありますので、以下に記します。

 車を購入すると、リサイクル料金というものを支払います。これは、車が使用済車として取引業者に引き渡されるまで、資金管理法人という団体に廃車にかかる費用を預けておくシステムです。なので、所有者は廃車または売却するまで預託金として資産計上しなければなりません。車が所有者の手を離れたら、預託金を取り崩し費用計上します。
  リサイクル料金の内訳
   ●シュレッダーダスト料金
   ●エアバッグ類料金
   ●フロン類料金
   ●情報管理料金
   ●資金管理料金→これのみ購入時費用計上

 交通カードのスイカやパスモも、最初のカード発行(購入)時に500円が自動的に交通会社へ預託金として支払われています。2回目以降のチャージは交通料金のみの費用になります。カードを解約すると、窓口等で500円が戻ってきますので、それまでは、法人所有のカードは資産計上となります。

                               N.M
  
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 東京都豊島区池袋の浅田剛男税理士事務所・会計事務所. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。