スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地震保険料控除の創設
新潟沖地震など、地震等による自然災害が昨今、多くなりました。
税制面では、災害該当者には雑損控除や緊急の減免・優遇措置が行われております。
災害に伴う住宅の損壊など、当事者にとっては大打撃となるケースも考えられます。
それを補填する目的の保険料はというと、損害保険料に地震保険料を付加した場合、
または単独の地震保険料に加入するとなると、かなり割高の掛金になってしまいます。
家を購入したばかり、または新築したなど、地震保険には加入しておきたいが、家計の
負担は大きくなってしまうのが悩みのタネ。そこで、18年度の税制改正で、19年分以後に
新たに地震保険料控除が創設されることとなりました。これまでの損害保険料控除(長期、短期合わせて)最高15,000円にかわり、地震保険料控除 最高50,000円が、総所得金額から控除されます。個人住民税でも平成20年度分より、最高10,000円にかわり、最高25,000円が控除されます。かといって、地震保険料の加入を推奨しているわけではありませんが……
地震保険料とは、地震等による損害を対象として支払った保険料のことをいいます。
また、19年分から廃止される長期損害保険料で下記の条件を全て満たす保険には、経過措置が講じられ、従前の損害保険料控除と同様の金額、最高15,000円が控除されることとなっております。(地震保険料控除と合わせた場合最高50,000円)
①18年12月31日までに締結した契約であること。
②満期返戻金がある保険期間10年以上のものであること。
③19年1月1日以降、その損害保険契約等の変更をしていないもの。

                                    N.M
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 東京都豊島区池袋の浅田剛男税理士事務所・会計事務所. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。