スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寄付金控除の改正 
 平成19年分確定申告で行なう寄付金控除の限度額が、総所得の30%から40%相当額に引き上げられました。
 
 控除額の計算式は、
次のいずれか低い方の金額 - 5千円= 寄付金控除額
イ.その年に支出した特定寄付金の合計額
ロ.その年の総所得金額等の40%相当額(平成18年分は30%)

寄付金控除を受けるためには、寄付を証明する書類(領収書など)を確定申告書に添付するか、申告書提出時に税務署に提示する必要があります。
1)国や地方公共団体に対する寄付金
2)公益法人等に対する寄付金で財務大臣が指定したもの指定寄付金
3)日本赤十字社、日本育英会、国際交流基金など特定の公益法人に対する寄付金
4)認定特定非営利活動法人(認定NPO)対する寄付金
5)学校法人や社会福祉法人に対する寄付金
6)公益の増進に著しく寄与する特定公益信託の信託財産とするための寄付金
7)政治活動に関する寄付金で一定のもの


N.M
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 東京都豊島区池袋の浅田剛男税理士事務所・会計事務所. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。