スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相続時精算課税制度の利用
相続時精算課税制度も、基本的に相続税の税金そのものが安くなるということではないが、
相続税の基礎控除以下の方にとっては、生前に贈与し早めに子供が、資金を活用等する場合に選択として考慮される場合がある。また、将来値上がりしそうな株式等の場合は、相続税の精算課税が贈与時の評価で遺産総額に加算されるため、相続税がかかる場合も有利になる場合がある。それよりも贈与資産が、不動産等収益物件の場合、親の所得に課税されないため、子供の超過累進税率が低い場合もやはり、有利になる場合もある。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 東京都豊島区池袋の浅田剛男税理士事務所・会計事務所. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。