スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
消費税の申告
個人確定の申告時期ですが、事業所得が基準期間の課税売り上げが1000万以下なのに、
消費税がかかる場合ことを忘れている方が多いです。というより会計事務所の同業者も、計算違いをしている方がいるようです。所得税は10種類に分かれ、それぞれ別と考えがちですが、消費税は、反復・継続しているものであれば、消費税の課税事業者か、否かの判定は、他の所得も考慮しなくてはなりません。年間ワンルームを貸していて、月7万でも(年間84万)
でも、事業所得である者は、その不動産所得等も考慮して消費税がかかる場合があります。5棟10室の事業的規模等は一切関係ありません。消費税の計算にくれぐれも間違わないようにしましょう。ただし、賃借人がが住居として住んでいる場合は関係ありませんが、ひとつは住居で、もうひとつは事業に使っている方に貸している場合は、課税売り上げ割合が50%に
なるので、事業所得との計算がさらに複雑になります。


スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 東京都豊島区池袋の浅田剛男税理士事務所・会計事務所. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。