スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
印紙の取扱い(契約書)
印紙の取扱いについて、駐車場を借りた際の賃貸契約書について説明いたします。
 土地又は地上権にかかる賃貸借契約書は、印紙税がかかりますが、建物や施設、物品などの賃貸借契約書は印紙税がかかりません。
 したがって、駐車場の賃貸借契約書の場合は、その内容が土地の賃貸借であるのか、あるいは駐車場という施設を賃貸借するものであるのかによって、印紙税の取扱いが変わってきます。
①駐車する場所として土地を賃貸借する場合
    いわゆる駐車場としての設備のない更地を賃貸借する場合の賃貸借契約書には、印紙税がかかります。
②車庫を賃貸借する場合
   車庫という施設の賃貸借契約書なので、印紙税はかかりません。
③駐車場の一定の場所に駐車することの契約の場合
   駐車場という施設の賃貸借契約書ですから、印紙税はかかりません。
④車の寄託(保管)契約の場合
   車を預かる物品等の寄託契約書ですから、印紙税はかかりません。


                                               N.M
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 東京都豊島区池袋の浅田剛男税理士事務所・会計事務所. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。