スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
給与の取扱い ~課税されない給与~
 給与には、通常の給料、賃金、賞与のほか、諸手当や現物給与があります。その中には所得税が課税されない給与もあります。
 給与に関する税務上の注意点を確認してみましょう。

 給与支払い時に支給される通勤手当や、通勤用定期乗車券は、次の区分に応じ、それぞれ1ヶ月当たり次の金額までは課税されないことになっています。

●通勤手当の非課税限度額
 ・交通機関又は有料道路利用者に支給する 1ヶ月当たりの合理的な運賃等の金額  →最高限度100,000円
 ・自転車や自動車などの交通用具利用者に支給する通勤手当 通勤距離が片道35km以上 →20,900円
 ・運賃相当額が20,900円を越える場合、その運賃相当額 →最高限度 100,000円
 ・通勤距離が片道25km以上35km未満 →16,100円
 ・運賃相当額が16,100円を越える場合、その運賃相当額 →最高限度 100,000円
 ・通勤距離が片道15km以上25km未満 →11,300円
 ・運賃相当額が11,300円を越える場合、その運賃相当額 →最高限度 100,000円
 ・通勤距離が片道10km以上15km未満  →6,500円
 ・通勤距離が片道2km以上10km未満 → 4,100円
 ・通勤距離が片道2km未満 →全額課税
 ・交通機関を利用している人に支給する通勤用定期乗車券 1ヶ月当たりの合理的な運賃等の金額
  →最高限度 100,000円
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 東京都豊島区池袋の浅田剛男税理士事務所・会計事務所. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。