スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
懸賞金と税金
 個人が、懸賞金に当選するとその懸賞が事業の広告宣伝のためであった場合、一時所得とされ所得税を引かれた額を賞金として受け取ることになります。
 所得税の計算は、賞金の額から50万円を差し引いた金額に10%をかけます。もちろん、賞金の額が50万円以下であれば、源泉徴収はされません。

 ・広告宣伝のための賞金とは? 
  次のようなものをいいます。
 ①事業者や法人が広告宣伝するための賞金や賞品
   懸賞クイズ、売出しの抽選の賞金、賞品など。
 ②素人のクイズ番組やのど自慢の賞金や賞品
 
 ・例外
  旅行招待の懸賞の場合、原則、賞金には含まれませんが、旅行に代え現金や品物を選べる場合、その金品の価額が賞金の額となります。また、国や地方公共団体などが広報を目的として行うものは賞金には含まれません。ちなみに、国内の「宝くじ」の当選金は所得税法上「非課税所得」とされていますので、所得税はかかりません。
 
 ・賞金ではなく商品が当たったら?
  商品の受取は、その商品の評価額(通常の販売価額の60%相当額)が原則、課税されます。商品券やギフト券などはその券面額となります。

 ・賞金等を支給した事業者等は、徴収した源泉所得税を、支払った月の翌月の10日までに納めなければなりません。 また、賞金等を受け取った個人は、後日確定申告が必要になる場合もあります。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

サラリーマン税金0円プロジェクト
サラリーマン  現役税理士が教える完全合法の抜け道!  税金0円プロジェクト!(毎月の給料から勝手に徴収されている所得税と住民税を、ガッツリそのまま戻す方法) ”あなたが毎月支払っている税金を0円にする方法を知りたいですか?このノウハウの値段はたった・・...  [続きを読む]
時給拾円未満 2008/09/13/Sat 15:19
Copyright © 東京都豊島区池袋の浅田剛男税理士事務所・会計事務所. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。